玩具のディスプレイ方法 ミニカー編 - 〜玩具の備忘録〜
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

〜玩具の備忘録〜

鬼滅の刃が面白すぎ!!

玩具のディスプレイ方法 ミニカー編 

本日は、

玩具のディスプレイ方法

~ミニカー編~

です。

Mini_car_Display_01.jpg




注)本記事は

3インチミニカー

に対してのお話です。

それを念頭にお願いしまっす。

主にトミカやHW、魔女辺りっすね。

後、使っているディスプレイケースは一例なんでそこもヨロシクです。








それでは、、、
 
 


苦労してゲットしたミニカー達。
ディスプレイケースに綺麗に並べて

あらうっとり・・・
(*´ω`*)


なんですが・・・!!
Mini_car_Display_02.jpg

ディスプレイケースをちょっとでもずらしたり、手が触れると、、、


\事故発生ーーー!!/


\事故発生ーーー!!/


となります。


そう、折角カッコよく並べたのにミニカー達が動いてしまって台無しっすね。
特にトミカ、HWとかは。


・・・で、


対処方法としてミニカーの下に

①プチプチを敷く
 ⇒見た目が・・・

②人工芝をカットして敷く
 ⇒①に同じ。

③両面テープで固定。
 ⇒粘着ゴミの癒着がコワイ。

④滑り止めシートをカットして敷く
 ⇒タイヤが回る限り動いちゃう。

⑤ディスプレイケースに触れない
 ⇒そんな拷問・・・(;´Д`)

⑥振動を与えない様、ゆっくり動く。
 ⇒却下。

等々・・・

ミニカーを固定しようと知恵を絞りましたが中々良い方法が見つからず・・・
Mini_car_Display_03.jpg


・・・がっ!!

ついにそれらを解決してくれる


強い見方


を発見しました。

そう!! 大げさに言ってます。





で、そのリーサルウェポンがコレ!!


「耐震マット」
Mini_car_Display_04.jpg

今回購入した物は

幅:80、高さ:40、厚み:4(mm)

サイズが2枚セットされとります。

あんぐるは100均(キャンドゥ等)で購入。
Mini_car_Display_05.jpg

耐震マットも色々あるのですが、

①透明
②粘着タイプ
③セルフカット用の板状

の物をチョイスします。

「耐震」への効果については


ど~~~でも良い


です。
Mini_car_Display_06.jpg

で、早速耐震マットを写真の通り、12等分にします。

お金持ちで耐震マットをいっぱい買える人は4等分でも良いし、、、

お財布が寂しい方は、20等分にしても良いです。



あっ、自己責任でお願いします~~~。
Mini_car_Display_07.jpg

カット後がこんな状態。
Mini_car_Display_08.jpg

お次はディスプレイケースと先ほどカットした耐震マットを用意して・・・
Mini_car_Display_09.jpg

己のセンスを研ぎ澄ました後、

カットした耐震マットを貼り付けていきます。

写真のように


超綺麗に貼れなくても


OKです(゜_゜)
Mini_car_Display_10.jpg

無事貼れたらその上に

寿司ネタの如く

愛しのミニカーさん達をのっけて行きます。


どう並べるかを悩むこの時間が楽しいんですよね~~♪♪
Mini_car_Display_11.jpg

ちなみに粘着性のある耐震マットを使っているので、


ちょっと位の傾きや振動


なんて物ともしませんぜ!!

ここがポイントっすね。
Mini_car_Display_12.jpg

プルプルさせてもミニカーが動かない感動を全身で受け止めつつディスプレイケースへ設置。

これで完成っす。

ちょっとケースを持ち上げようが降ろうが中のミニカー達は不動を決め込みますヨ。
Mini_car_Display_13.jpg

真横から見るとこんな感じ。

トミカ、HW辺りだとあまり恩恵を得ませんが、京商1/64やゴムタイヤ使用のミニカーだと

ゴムの癒着

を回避出来ます。ブラボー!!




ブラボーーー!!
Mini_car_Display_14.jpg

1/43弱のサイズであれば、耐震マットを2枚重ねやもう少し大きいサイズでカットすれば対応可能です。

1/18とかになると、各タイヤの下(4ヶ所)に2~3枚重ねで対応出来るかな??

ちなみにこの技の弱点は高さ調節が4mm刻みって所。
Mini_car_Display_15.jpg

そうそう、耐震マットの種類には、

既にカットされた物や、丸型もあります。

勿論こっちの方がカットする必要もないし、見栄えも良いのですが・・・

あんぐるがカット前の板状タイプを勧めた理由は、



ちっちゃくカット出来ない




ので割高なんですよね~(;´Д`)
Mini_car_Display_16.jpg

ちなみにこの技は3年前位から行ってるのですが、

3年物の耐震マットは真っ黄色デシタ。。。

でも粘着性や効果は衰えず。。。

水洗いも出来るしね。
Mini_car_Display_17.jpg





!!!???



アレ???




もしかして、

このケース、NEXTにぴったり???
Mini_car_Display_18.jpg



以上、

NEXTシリーズ・・・いい加減ちゃんとしたディスプレイケースが欲しかったのですが、このミニカー用がピッタリっぽい。
引っ越しするかな・・・



そうそう、耐震マットの粘着についてですが、

3年経過後の状態を確認してみましたが、

特にシャーシ裏の素材を侵してしまうような症状はありませんでした。

・・・が、試される方は自己責任でお願いしまする。

※気になる場合は、指で粘着度を落とすのも良いかもしれません。



まぁ、100均でゲット出来るアイテムを使っての

お手軽ディスプレイ方法

という事で・・・



そんな、玩具のディスプレイ方法 ~ミニカー編~ でした!!




  



テーマ: ミニカー関連 - ジャンル: 趣味・実用

タグ: ミニカー  3インチ  ディスプレイ方法  固定  耐震マット  トミカ  HW  マジョレット  1/64 

トラックバック

トラックバックURL
→https://2012mott.blog.fc2.com/tb.php/233-14e9e84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top