トミカNo.46 童夢-零(ジャンク) - ~玩具の備忘録~
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

~玩具の備忘録~

ファイアー? ファイヤー?

トミカNo.46 童夢-零(ジャンク) 

本日は、



トミカ No.46

童夢-零



の玩具レビューです。
Tomica_No46_DOME_ZERO_01.jpg




某トミカ系掲示板でゲットしたトミカ第2弾。


管理人様が慈悲のオマケで付けてくれた童夢-零っす。




ちなみに童夢って自動車メーカー・・・

知っているような知らない様な漠然とした知識しか持ってなかったり。。。

Wikiティーチャーに教えを乞うてみたら


~・~・~・~・~・~・~・~

本社を滋賀県に構える1978年に京都府で創業した自動車関連会社とのこと。
メインは自動車ショーでのモデルカーの制作らしいけどレーシングカーの設計・製造事業やレーシングチームの運営など手広く営業してるみたい。。。

~・~・~・~・~・~・~・~


そんな











和製スーパーカー











である童夢-零・・・

どんな感じでしょうか??
Tomica_No46_DOME_ZERO_02.jpg


それでは、、、
 




■各アングルから■

<前面>

うん、カウンタックにそっくり。


LP400の市販モデルが1974年なんで、1978年に登場した童夢-零(試作車)はやっぱり・・・


っていうか










めっちゃその影響










を受けてるよね(*´з`)
Tomica_No46_DOME_ZERO_03.jpg


<左面>

流石スーパーカー。


ペッタンコっす。
Tomica_No46_DOME_ZERO_04.jpg


<背面>

リア周りは羽も無くサッパリとしたエクステリア。

視界改善に影響しなさそうなリアウインドウが哀愁を誘うな~~~。。。
Tomica_No46_DOME_ZERO_05.jpg


<右面>

後方はカウンタックというよりデトマソパンテーラGTSの方が似てる??かな??
Tomica_No46_DOME_ZERO_06.jpg


玩具面では頂いた管理人様がおっしゃる通りボロボロ。

そこらじゅう塗装剥げっす。
Tomica_No46_DOME_ZERO_07.jpg


でもタイヤの軸折れはないし窓パーツ割れも無い中々良いコンディション。

相当チビッコにガーガーブーブーされたんんだろーなー。
Tomica_No46_DOME_ZERO_08.jpg




■その他・色々と■

フロント周り。

バンパーはシャーシのプラパーツ仕様。

ヘッドライトは塗装デス。
Tomica_No46_DOME_ZERO_09.jpg


中央の小窓も塗装仕様。
Tomica_No46_DOME_ZERO_10.jpg


ホイールは標準タイプ。

スーパーカーならワイドホイールの方が似合うのに。

ちなみにフロントのタイヤハウス・・・

スペースがタイトなんで殆どサスペンション機能が生きていないという・・・
Tomica_No46_DOME_ZERO_11.jpg


リア周りは一切色が差されていない潔さ。

でもナンバーにはDOMEの刻印。
Tomica_No46_DOME_ZERO_12.jpg


実用性0と思われるリアウインドウ。
Tomica_No46_DOME_ZERO_13.jpg


ドアオープンギミックを搭載してるので必然的にこの部分が一番塗装剥げが激しいな~~(;´Д`)
Tomica_No46_DOME_ZERO_14.jpg


ダクトの配置とか…

ボンネット回りが凄いっすね。
Tomica_No46_DOME_ZERO_15.jpg


最初フロントガラスが割れてるのかと思ったけど写真と撮って初めてワイパーだったって気付いた次第(*´з`)

良かった良かった。
Tomica_No46_DOME_ZERO_16.jpg




■車体裏面■

ボディの損傷から考えるとタイヤの軸折れがないのは奇跡??かと。

サスペンションも生きてるし。
Tomica_No46_DOME_ZERO_17.jpg


スケールは1/58とのこと。
Tomica_No46_DOME_ZERO_18.jpg


おぉぉ!!




1979年の日本製!!
Tomica_No46_DOME_ZERO_19.jpg




■ギミック■

カウンタックと同じくスイングアップドアで良いのかな??

何とトミカでドアの開閉ギミックを搭載してます。














スゲーじゃん!!














っていうか当時の技術でここまで出来るのに何故カウンタックでやらないかなぁ??


あ、SLS AMGとか頑張ってるか…
Tomica_No46_DOME_ZERO_20.jpg


何はともあれフルオープン状態はカッケェっすね(・∀・)

当時はチビッコ受けも良かったのではないでしょうか??




これを観ちゃうと最近のトミカはダメダメっすな。。。

遊びが足りん。
Tomica_No46_DOME_ZERO_21.jpg


かなり遊びこまれて来たと思われるけどホント奇跡的に









ドアギミックが五体満足









という一品。

塗装し直してワイドホイール履かせたら見違えるかな??
Tomica_No46_DOME_ZERO_22.jpg








以上、

ドア開閉ギミックとかやっぱりヒンジ部分が目立っちゃうけど、

やっぱりトミカは







ギミックありき









っすね。
Tomica_No46_DOME_ZERO_23.jpg


そんな トミカNo.46 童夢-零(ジャンク) の玩具レビューでした!!




  

テーマ: 玩具レビュー - ジャンル: 趣味・実用

タグ: トミカ  TOMICA  ランボルギーニ  童夢-零  ライムグリーン  JAPAN  日本製  ジャンク  OnlytomicaBBS