【40】 週刊 1/8 ラ フェラーリ制作記 (アシェット) / エンジンフレームにエンジンを固定する - ~玩具の備忘録~
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

~玩具の備忘録~

えっ? シドニアの騎士って面白くない? いや、超面白い♥

【40】 週刊 1/8 ラ フェラーリ制作記 (アシェット) / エンジンフレームにエンジンを固定する 

本日は、


アシェット社

週刊 1/8 ラ フェラーリ

Vol.40


の玩具レビュー & 製作記録です。
Weekly_LaFerrari_40_01.jpg




■過去・関連記事■

 [01] ~ 最新号はコチラ。

~・~・~・~・~・~

週刊ランボ製作記録[01]~[80] +α




そういえば数日前にゲットしてた謎の配達物。


何かというと・・・
Weekly_LaFerrari_40_02.jpg


これと並べると一目瞭然かと。
Weekly_LaFerrari_40_03.jpg



そう!!




週刊ラ フェラーリ定期購読者限定の











特製ディスプレイベース











デシタ。
Weekly_LaFerrari_40_04.jpg


早速検品してみたけど・・・


ちょっと気になる点があったりして・・・(;´Д`)






まぁレビューは後ほど♪♪
Weekly_LaFerrari_40_05.jpg


それでは、、、



  



■梱包状態■

おぉぉ!!!



今号のパッケージはめっちゃ厚いじゃないのぉ(・∀・)
Weekly_LaFerrari_40_06.jpg


通常のパッケージに比べ実に2倍以上!!

しかも金属パーツも含まれてるんで









良い感じの重量









なんですよ。
Weekly_LaFerrari_40_07.jpg


コクピットベースの時と同様に箱がデカいため、パケ用紙も前後2枚仕様。
Weekly_LaFerrari_40_08.jpg


ではオ~~~~~~プン!!
Weekly_LaFerrari_40_09.jpg


こ、これで取扱注意だったエンジンブロックがフレームに固定されるのね。
Weekly_LaFerrari_40_10.jpg


エンジンフレーム自体は大型のブリスタパッケージに包まれ取りました。

ホント重くてテンション上がるわ(・∀・)
Weekly_LaFerrari_40_11.jpg


やっぱりこういう感じで大体A4~A3サイズ位に細かくパーツを刻んでくるんですね。
Weekly_LaFerrari_40_12.jpg




■書籍■

①ラ フェラーリへの道は、

「オープンエアの特別な599」


写真はフェラーリ 599をベース車にしたワンオフのスーパーモデル。

ちなみに発注者はNY在住の不動産王ピーター・カリコウ氏とのこと。

ランボは石油王だし









王様はいいなぁ









って妬みつらみのお話。
Weekly_LaFerrari_40_13.jpg


②フェラーリという物語は、

「さようなら、キャプテン」


写真は1964年のニュルを制したヴァッカレッラ氏(右)とスカルフィオッティ氏(左)の雄姿。
Weekly_LaFerrari_40_14.jpg


ヴァッカレッラ・・・


・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Weekly_LaFerrari_40_15.jpg


人生、触れちゃいけないこともあるのです。






それがジェントルってもんです。


それが大人ってもんです。


それが社会ってもんです。


それが理不尽って・・・ry
Weekly_LaFerrari_40_16.jpg


③フェラーリ図鑑は、

「ディーノ 206 GT (1967)」

そもそもフェラーリ図鑑に載ってるケド・・・









ディーノブランドはフェラーリじゃない









よね・・・

って派っす。
Weekly_LaFerrari_40_17.jpg




■同梱パーツ一覧■

左上から、

➀エンジンフレーム x1
②右断熱ボード x1
③左断熱ボード x1
④エンジンスタンドロッド x1
⑤M2.6x6mm 丸ネジ(Bタイプ) x4
⑥M2x5mm 皿ネジ(Dタイプ) x5
⑦M2.6mm M2x6mm 丸ネジ(Hタイプ) x9

※⑤~⑦については内1個は予備。
Weekly_LaFerrari_40_18.jpg




■組み立て作業■

①今号で提供された、

・エンジンフレーム x1
・右断熱ボード x1
・左断熱ボード x1
・M2x5mm 皿ネジ(Dタイプ) x2
・M2.6mm M2x6mm 丸ネジ(Hタイプ) x4

を用意。
Weekly_LaFerrari_40_19.jpg


②まずはエンジンフレームに右断熱ボードを取り付けて行くわけですが、

金属パーツへのネジ止めなんで事前に穴をグリグリしときます。
Weekly_LaFerrari_40_20.jpg


③そしたらまずは右断熱ボード下部をネジ2本でネジ止め。
Weekly_LaFerrari_40_21.jpg


④お次はフレーム内部から更に1か所をネジ止め。

ココ、ドライバが入りづらくて作業し難いったらありゃしない(;´Д`)
Weekly_LaFerrari_40_22.jpg


⑤これを左右実施。

Hタイプのネジ・・・




頭が潰れない様に注意っすね。
Weekly_LaFerrari_40_23.jpg


⑥そしたら追加で今号で提供された、

・⑤M2.6x6mm 丸ネジ(Bタイプ) x3

及び過去号で組み立てた、

・エンジンブロック x1(#39)

を用意。



正直ですねぇ、、、


お尻から左右に伸びてるタイコ・・・

これ、








フレーム内を通るの??








的な心配もあったのですが・・・
Weekly_LaFerrari_40_24.jpg


⑦ナルホド・・・





ここでマフラーの可動が生きてくるわけですね。
Weekly_LaFerrari_40_25.jpg


⑧無事フレーム内にエンジンブロックが降臨。

神々しい(・∀・)







あんぐるのいらぬ心配は杞憂に終わったようです。
Weekly_LaFerrari_40_26.jpg


⑨後はフレームをひっくり返して3か所をネジ止め。



もうね、、、


何処をもっても





キシキシ言うし、パイプが引っかかるしもう大変。
Weekly_LaFerrari_40_27.jpg


⑩でもそんな苦労を超えて無事ネジ止めが終わったらマフラーを元の位置に戻したげます。
Weekly_LaFerrari_40_28.jpg


・・・で、ここで前号でパーツの角度が間違って接着されちゃってたハイドロチューブをマウンタへ接着し直しときます。

これでミッションの潤滑と冷却は守られそうです。
Weekly_LaFerrari_40_29.jpg


⑫最後は更に追加で今号で提供された、

・エンジンスタンドロッド x1

を用意。
Weekly_LaFerrari_40_30.jpg


⑬サクっとエンジンスタンドロッドをエンジンフレーム後方へセット。

今後では乗っけるだけみたい。





これで今号の作業は終了♪♪

ただただ金属パーツへのネジ止めが大変だったわぁ。。。
Weekly_LaFerrari_40_31.jpg


エンジンフレームのお陰で・・・


一気に重くなりました♪♪


やっっぱり








モデルカー = 重さは正義








だと思う。
Weekly_LaFerrari_40_32.jpg


マフラー回りはまだまだプラプラ状態なんで保管には注意。
Weekly_LaFerrari_40_33.jpg


あーーーどんどん情報量が増えていくぜ(・∀・)

完成後は見えなくなっちゃうから今のうちに堪能しとかなくちゃ。




そして今号で組み立てた断熱ボード、



実車だとこれだけでうん十万コースなんだろーな。

怖い世界だわ。
Weekly_LaFerrari_40_34.jpg


ってことでお片付けっと♪♪



ホント取り扱いやすくなったな~。。。

フレーム様様っすわ。
Weekly_LaFerrari_40_35.jpg





以上、

遂に、、、





遂に40号到達!!





それに伴い、













10万円を切りました~~~(・∀・)ハッハー













まだ折り返し地点にも行ってないけどなんか嬉しい。




残り60号かぁ・・・

トラブルとか起きないと良いなぁ(*´з`)




残り 60フェラ / 99,960リラ(税抜き)







  

テーマ: 玩具レビュー - ジャンル: 趣味・実用

タグ:   フェラーリ  LaFerrari  1/8  モデルカー  アシェット  週刊  40号  エンジンフレーム  エンジンを固定