【玩具レビュー】ドクロ素ボディ ブラック / ガチャ エポック社 誰俺ダークサイド カプセル素体 - ~玩具の備忘録~
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

【玩具レビュー】ドクロ素ボディ ブラック / ガチャ エポック社 誰俺ダークサイド カプセル素体 

本日は、



ガチャ 誰俺ダークサイド

カプセル素体 ドクロ素ボディ
(ブラック : ツインソード)



の玩具レビューです。
Epoch_DokuroSuBody_01.jpg



■商品情報■

・価 格 : 1回300円
・発売日 : 2019年10月~
・ラインナップ : 全4種

①オリーブ : アックス
②タン : ハンマー
③ブラック : ツインソード
④ダークレッド : スピア

・公式サイト : https://epoch.jp/rc/capsule/products/?detail=dokurosubodei




■過去・関連記事■

<ドクロボディ>

【前編】  /  【後編】

<ドクロ素ボディ>

ブラック : ツインソード




やっとの思いで発見出来た誰俺ダークサイドシリーズのドクロ素ボディ。

写真を見る限りこの出で立ちと可動で1回300円って破格かと。

ホント凄いシリーズですね~。
Epoch_DokuroSuBody_02.jpg


一先ず双剣使いのブラックを目指して回したところ無事ゲット!!

ぶっちゃけどれが当たってもハズレ無し状態なんですが、
















一番心をくすぐるのはツインソード!!
















って感じで。
Epoch_DokuroSuBody_03.jpg


一度カプセルを開けちゃうと2度と戻せない位のボリュームでびびります。

ホント凄いシリーズだわぁ。
Epoch_DokuroSuBody_04.jpg


それでは、



  




■同梱物一覧■

ぎちぎち状態のドクロ素ボディ関連パーツ袋と武器パーツ袋が1つずつ、他に紙媒体が2枚入ってます。
Epoch_DokuroSuBody_05.jpg




■紙媒体■

①ブックレット:ラインナップ一覧

ドクロ素ボディ自体にデザイン差は無いですね。

カラーと専用武器だけが異なるようです。

集めれば集めるほどフルアーマー的な1体に成長するヤバい仕様。
Epoch_DokuroSuBody_06.jpg

②ブックレット:組み立てガイド

関節パーツは前後の向きがあり左右非対称なのがな~。。。

なお、3mm軸なのでドクロ素ボディの穴ならどこにでも接続可能。

ある意味ブロック玩具。
Epoch_DokuroSuBody_07.jpg


③パーツリスト

胸部とかデザインが統一されててめっちゃカッコイイっすね。

後、腰の(後側?)パーツもガンダムっぽくてカッコイイかも!!
Epoch_DokuroSuBody_08.jpg




■パーツ一覧■

武器と関節パーツはABS樹脂製だけど、本体はPVC樹脂。

なのでパーツが曲がってる場合はお湯で温めてドライヤーコースかな。
Epoch_DokuroSuBody_09.jpg




■前準備■

300円にこのボリュームは超破格!!!

…とはいえ、流石に無塗装で成型色一色の寂しい状態。

なので、一先ず軽く塗装してみることに。

PVCだけど大丈夫かな~。。。
Epoch_DokuroSuBody_10.jpg


一通りブンドドしたらドクロボディに乗っけて動かさずに飾っといた方が幸せになれそう。
Epoch_DokuroSuBody_11.jpg


ってな訳で塗装も無事完了したので組み立て開始♪♪
Epoch_DokuroSuBody_12.jpg


関節パーツは予備が1セット付属されてました。

これ、他のパーツとの接続用に使えるのでラッキー♪♪

やっぱり組み換え遊び用にもう数体用意すれば良かったかな。。。
Epoch_DokuroSuBody_13.jpg




■各アングルから■

肩の位置が低いような気もしますがこれはこれでカッコイイ!!

胸アーマーと腰アーマーでドクロの口になってるんですね。

中々面白いデザインですこと。



サイズとしては高さは約11cm。

意外と大きくてボリュームあります。
Epoch_DokuroSuBody_14.jpg


一応生きてる?設定なので小汚くしたくなかったけど、もっと色にメリハリを出せば良かったか・・・

アーマー部に鮮明なシルバーを載せてターミネーターっぽくしてもカッコいいね。
Epoch_DokuroSuBody_15.jpg




■その他・色々と■

そこら中に3mmジョイント用穴が開いてるので色々組み換え改造が捗りそうです。

関節は適度に固いので遊び易いですね。

暫くはストレス無く、ぐりぐり出来そうです。
Epoch_DokuroSuBody_16.jpg


胸部のみ内部フレームっぽい設計になってます。

ここがまた変態的に動くので弄って楽しい箇所なんです。

腰のロールのお陰でアーマーのお口パクパクが再現可能。

ちゃんと機能してます。
Epoch_DokuroSuBody_17.jpg


手首パーツは3パターンから選択式。
Epoch_DokuroSuBody_18.jpg




■専用武器■

ブラックの専用武器はツインソード。

それに加え、接続用の多目的パーツが1つ付属してます。



これで色々遊んでね♪♪ってことなんでしょう。

こういう多目的パーツは沢山欲しくなります。
Epoch_DokuroSuBody_19.jpg




■ブンドド■

武器類は専用の握り拳に持たせます。



やべ、グリップ部分・・・

成型色のままだ・・・
Epoch_DokuroSuBody_20.jpg


背中にマウントさせてみる。

ここはセンスが問われますね・・・(ー'`ー;)
Epoch_DokuroSuBody_21.jpg


おれってセンス有るぅ~~~(ー'`ー;)








・・・どなたかカッコイイ組み換えをご教授下さい。
Epoch_DokuroSuBody_22.jpg


見た目通りの可動範囲。

ほぼ180度ハイキックも余裕ときた。

足首もグリグリ動くので設置性も抜群。

このシリーズ(ドクロヘッドやドクロ素ボディ)って足首のジョイントが秀逸っすね。
Epoch_DokuroSuBody_23.jpg


結構ごついアーマーを装着してるんですが、そんなに干渉せずポーズが決まって楽しい♪♪
Epoch_DokuroSuBody_24.jpg




■ドクロヘッドに搭乗するぜ!の巻■

ついに目玉である「ドクロヘッドとの絡み」を堪能してみます。

高さ的にはドクロヘッドに負けてませんね。
Epoch_DokuroSuBody_25.jpg


まず、搭乗するにはドクロ素ボディの下半身を取っ払う必要があります。

あんぐる的に、
















ここだけが残念ポイント
















五体満足で搭乗出来たら完璧だったかな~と。

まぁ、ドクロヘッド内部のパーツを取り外せばいけそうだけど。
Epoch_DokuroSuBody_26.jpg


おぉぉぉ~~~!!!!







これ、写真で見るより実物の方が65,536倍カッコイイ!!!
Epoch_DokuroSuBody_27.jpg


なる程~こういう風になるのか。

余剰パーツとか出まくるけど、飾るならこの状態っすね。
Epoch_DokuroSuBody_28.jpg


ドクロヘッドにはどんな骸骨でも似合うことが分かりました。
Epoch_DokuroSuBody_29.jpg


こうして見ると、頭を取っ替えれば普通にロボットっすね。
Epoch_DokuroSuBody_30.jpg


ここは是非、後続シリーズで



ドクロタンク



とか



ドクロキャノン



とか



ドクロカー



とか



ドクロ基地



とか



ドクロバイク



とか



ドクロウイング



とか出ないかな~。
Epoch_DokuroSuBody_31.jpg





以上、

これでやっとドクロヘッドとドクロ素ボディの搭乗ギミックを堪能出来た訳ですが・・・

後はアレが残ってます。






「魔家具」






これ、テーブルゲットまでに苦労(お金)したな~。。。

そんな ドクロにはロマンが詰まってる!! 的な玩具レビューでした!!




  

テーマ: 玩具レビュー - ジャンル: 趣味・実用

タグ: ドクロ素ボディ  ブラック  ガチャ  エポック社  誰俺ダークサイド  カプセル素体  ドクロヘッド