【玩具レビュー】SS-01 バンブルビー / トランスフォーマー スタジオシリーズ - ~玩具の備忘録~
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

~玩具の備忘録~

ガンダリウム合金は伸び縮みします。

【玩具レビュー】SS-01 バンブルビー / トランスフォーマー スタジオシリーズ 

本日は、



トランスフォーマー スタジオシリーズ

SS-01 オートボット

バンブルビー / シボレー カマロ Z28(2代目中期)



の玩具レビューです。
SS02_BUMBLEBEE_01.jpg



■商品詳細■

・価 格 : 2,800円(税抜)
・販売日 : 2018年4月
・公式サイト : https://tf.takaratomy.co.jp/products-lineup/tf_ss/ss-01



■過去・関連記事■

購入記録




2019年の暮に買うたSS-01バンブルビー。

流石マスコット的キャラクターだけあってまだまだ在庫が潤沢っすね。

ちなみにビーと言ったら一般的に









5代目カマロ









ってイメージが強いですが、あんぐる的にはこちらの2代目も好き。
SS02_BUMBLEBEE_02.jpg


スピンオフ版バンブルビーの公開以降、続編の具体的な情報がありませんが、是非Part6、7、8・・・と続いて欲しい所です。

もう地球を離れてセーバーとロン星での戦いとかにしても良いのではないだろうか?




ってな訳でスタジオシリーズのバンブルビーを開封ぅ♪♪
SS02_BUMBLEBEE_03.jpg



それでは、、、
 





■外箱 各アングルから■

<前面>

栄えあるスタジオシリーズ1作目のバンブル。

司令官を差し置いての大抜擢。

流石っす。
SS02_BUMBLEBEE_04.jpg


<裏面>

ビークルモードは2代目のカマロにトランスフォーム。

グレードは最高グレードのZ28?

スペック的には5.7L V8辺りかしら?



古き良きオールドアメリカンマッスルっすね。



2代目って種類が多いので不明点が多いですが、公式でその辺のモチーフとなったマシンスペックの公開位して欲しい所。
SS02_BUMBLEBEE_05.jpg


<側面>

ヨドバシでガラス棚から取り出してもらったんだけどパッケージのダメージが思いの外酷くて閉口。。。
SS02_BUMBLEBEE_06.jpg





■パッケージ内容一覧■

本体のブリスタの他には取説が1枚のみ。

カタログとかは無いのか~。
SS02_BUMBLEBEE_07.jpg


オプションの装備品としてはプラズマキャノンが付属。
SS02_BUMBLEBEE_08.jpg


取扱説明書は紙1枚ぺらで両面印刷されてます。

公式サイトから電子版(PDF)をダウンロード可能なのでそれを眺めて楽しむのも一興。

本体を持ってなくても遊んだ気持ちに・・・



なれないか。
SS02_BUMBLEBEE_09.jpg


スタジオシリーズ恒例?のパッケージの一部が専用ディスプレイ台座仕様になってます。

恐らくバリケードと戦い、バンブルとサムが初めて会話したアノ工場地帯かと。
SS02_BUMBLEBEE_10.jpg





■付属品一覧■

プラズマキャノンのみ。
SS02_BUMBLEBEE_11.jpg





■ビークルモード 各アングルから■

おぉ、めっちゃカッコイイっすね。

スタイルも良いと思います。

2代目カマロのミニカーは未所持なのでその辺の比較とか出来ないので残念ですが・・・
SS02_BUMBLEBEE_12.jpg





■ビークルモード クローズアップ■

フロント周り。

Fグリルやヘッドライト等、最低限シルバー塗装されてます。

ヒーロー的な観点だと後期のZ28のフロントの方が厳つくてカッコイイかも~。
SS02_BUMBLEBEE_13.jpg


写真で拡大すると各パーツのズレが露わになっちゃうけど、肉眼だとそこまで気になら・・・ないからまぁ及第点かと。

そんなちっちぇー事にケチつけずに




車内にギュウギュウ詰めにされてるパーツを眺めて楽しむ




のが正しい遊び方♪♪

ちなみに運転席回りはスペースが空いてますが・・・



これが意図的な設計だったらスゲーぜ。
SS02_BUMBLEBEE_14.jpg


なお、付属のプラズマキャノンはリアバンパー下部に取り付け可能。

パーツ紛失の心配が無くてステキ♥
SS02_BUMBLEBEE_15.jpg


そうそう、変形ギミックの恩恵から、公式ではないけどドアの開閉が可能だったりします。

無理やりだけど・・・

でもこれで、
















VWビートルへのドアパンシーンを再現可能
















なんです。

この為にSS-16を買う価値はある!!
SS02_BUMBLEBEE_16.jpg


そういえば・・・

色々捏ね繰り回して遊んでたら気付いたのですが、





右側のサイドミラーが無い





んです!!

ぼくのばんぶるのみぎみらーがないんです!!!
SS02_BUMBLEBEE_17.jpg



えぇ・・・





劇中通り(仕様)でした♪♪





不良品でなくて一安心。

これは知らなかったな~。


まぁ、年代によってシングルミラータイプもあり得るけど・・・

今回の場合は




単純にぼろカマロだからミラー欠損車ってのを再現してるのかな?




と邪推。
SS02_BUMBLEBEE_18.jpg


そんな所有欲をビンビンに満たしてくれるSS-01ですが残念な箇所が3件。

<残念ポイント①>

車体裏面のパーツ配置が超ギチギチ状態。

なのでタイヤは回転するのでコロ走行自体可能だけど、パーツ破損が怖くてブーブーガーガー出来ないという生殺し状態。
SS02_BUMBLEBEE_19.jpg


<残念ポイント②>

リアバンパーの右側が塗装不良。。。



これは痛い。



まぁ、これはメーカーに問い合わせ中なので返答待ち状態。
SS02_BUMBLEBEE_20.jpg


<残念ポイント③>

ドアの色が他部とことなるの。。。

ドアは綺麗な黄色なんだけど、他のボディ部分は赤味やテカリが強い黄色。




まぁ、クリアパーツに塗装してるんで仕様とは理解してるけど腑に落ちない。。。

ビークルモードで飾る気無くなるな~。
SS02_BUMBLEBEE_21.jpg




■車体裏面■

残念なことにお顔がこんにちは!!タイプでした。

でも何この芸術的なギチギチ感。

無駄なスペースが一切無くホント凄いの一言。
SS02_BUMBLEBEE_22.jpg




■トランスフォームゥ!!■

早速パーツのズレが激しくてドアの色味が異なる2代目カマロからロボットモードへギゴガゴガゴぉ!!!!
SS02_BUMBLEBEE_23.jpg


①まずは両腕を展開しつつ前輪をガバッと。
SS02_BUMBLEBEE_24.jpg


②そしたらボディを上へ押し上げます。

ここ、フロントバンパーを軸に押し上げるんですが、最初はこんな動きになると理解出来なくて相当苦労しました。。。
SS02_BUMBLEBEE_25.jpg


③お次はリア側を左右に展開しつつ脚部を整形していきます。
SS02_BUMBLEBEE_26.jpg


④なお、ダックテール部分を90度回転されるのですが、ここも中々理解出来ずに超苦労しました。

1回変形させちゃうと簡単なんだけどなかなかどうして初見殺しな変形ステップ。
SS02_BUMBLEBEE_27.jpg


⑤後は愛を持ってフロントウインド、ルーフ部を折り畳みつつ・・・
SS02_BUMBLEBEE_28.jpg


⑥背中のドア角度やBピラー?の三角窓を良い感じに処理しちゃいます。

ここ、ポロリせずに折りたためたら奇跡です。
SS02_BUMBLEBEE_29.jpg


⑦ほい、あっという間にやんちゃ坊主の出来上がり♪♪
SS02_BUMBLEBEE_30.jpg




■ロボットモード 各アングルから■

おぉ!!!!



思ってた以上にマッシブな出で立ち。

もっと小さくて細いイメージでした。

これは予想外。
SS02_BUMBLEBEE_31.jpg


ムキムキな胸部、リアのドア羽根、太い脚部のお陰で華奢なイメージが払拭されました。
SS02_BUMBLEBEE_32.jpg




■ご尊顔■

オデコのサイバトロンエンブレムのタンポや眼の塗装はめっちゃ綺麗。

ここは当りの個体っすね。
SS02_BUMBLEBEE_33.jpg





■ロボットモード クローズアップ■

胸部の変形処理がめっちゃカッコイイですね。

実際に手に取るとそのボリューム感や情報量にビビります。
SS02_BUMBLEBEE_34.jpg


脚部の処理もめっちゃ凄い。

リアウインドウがここに来るのかぁ~~~。

変態だわ。
SS02_BUMBLEBEE_35.jpg


背中のドア羽根回り。

塗装色の相違というデメリットがありますが、ガラス窓の再現度と比較してメーカーもどちらを優先するか検討しまくりだったんでしょうな~。。。
SS02_BUMBLEBEE_36.jpg


ドアは角度を変えられるので表情付けが可能。

ホントカッコイイ。
SS02_BUMBLEBEE_37.jpg


可動は一般的に良く動く方かと。

ただ、股関節回りのボールジョイントがゆるっゆるだったので太らせないとまともに遊べない個体でした。
SS02_BUMBLEBEE_38.jpg


ロボットモードで飾るならプラズマキャノンモードっすね~。
SS02_BUMBLEBEE_39.jpg


そんなプラズマキャノンは差し替え仕様なので、右腕を引き千切って装着する必要があります。
SS02_BUMBLEBEE_40.jpg


なお、余剰となったプラズマキャノンは腰に取り付け可能♪♪

これはGJ!!
SS02_BUMBLEBEE_41.jpg


ちなみに引き千切った右腕も取り付け可能だよ。
SS02_BUMBLEBEE_42.jpg






以上、

スタジオシリーズ ナンバリング1のバンブルビーでしたが、ビークルモード、ロボットモード両方で満足の行く一品でした。

変形は癖が多少あるけどそんなに難しくないかと。

ホント背中回りのボリューム感がカッコイイです。
SS02_BUMBLEBEE_43.jpg


2020年1月にはSS-40でニューバンブルビー(5台目カマロ)も発売予定みたいだし色々劇中ゴッコが捗りそうです♪♪
SS02_BUMBLEBEE_44.jpg


スタジオシリーズ・・・

個人的にはドストライクシリーズなので、このまま末永く続けば良いな~。
SS02_BUMBLEBEE_45.jpg


そんな

トランスフォーマー 劇場版の続編情報が無いから… そろそろ心配になってくる(*´Д`) の玩具レビューでした!




  

テーマ: 玩具レビュー - ジャンル: 趣味・実用

タグ: SS-01  バンブルビー  シボレー  カマロ  2代中期    Z28  トランスフォーマー  スタジオシリーズ目