【玩具レビュー / 前編】SS-45 ショックウェーブ / トランスフォーマー スタジオシリーズ - ~玩具の備忘録~
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

~玩具の備忘録~

ファイアー? ファイヤー?

【玩具レビュー / 前編】SS-45 ショックウェーブ / トランスフォーマー スタジオシリーズ  

本日は、



トランスフォーマー スタジオシリーズ

SS-45 ディセプティコン

ショックウェーブ / エイリアンタンク



の玩具レビュー【前編】です。
SS45_SHOCKWAVE_01.jpg



■商品詳細■

・価 格 : 6,800円(税抜)
・販売日 : 2020年2月
・公式サイト : https://tf.takaratomy.co.jp/products-lineup/tf_ss/ss-45



■関連記事■

【前編】 / 【後編】




スタジオシリーズ版のリリース情報を知って、速攻で予約注文したショックウェーブ氏。

それが2019年12月27日。

定価6,800円(税抜き)と中々の強気価格なんですが、嫁ちゃんに貰った












タカトミモールの30%引き割引券












を発動。

これであんぐるのお財布もある程度の厚みを保てそうですぅ。
SS45_SHOCKWAVE_02.jpg


そして2020年2月29日に到着ぅ!!

予約から入手まで実に64日も待ち焦がれてました。
SS45_SHOCKWAVE_03.jpg


まぁ、空気運搬は何時もの通り。

ちょこんと佇むトミカに哀愁を感じます。
SS45_SHOCKWAVE_04.jpg


そしてあんぐる・・・

入手した玩具は直ぐに開封せず、





「欲しかった玩具が手元にあるから何時でもオレの好きな時にオレの好きな様に開封出来るぜ♪♪」





って状態を2~3日は楽しむんです。

そう、開けたくても敢えて開けずにムズムズする感覚を楽しんでるんです。




なのに・・・

なのに速攻で開けろと指令が・・・

泣きたい。
SS45_SHOCKWAVE_05.jpg


それでは、、、
 





■外箱 各アングルから■

<前面>

ほほぉ~~~、箱越しでみてもその情報量にビビります。

伊達に軍事作戦司令官やってませんね。

流石です。
SS45_SHOCKWAVE_06.jpg


<裏面>

スタジオシリーズでこのクオリティを出せるなら






ドリラーちゃん






もその内ラインナップされたりして。
SS45_SHOCKWAVE_07.jpg


でも冷静に見ると・・・





ちびっ子受けはしないか・・・
SS45_SHOCKWAVE_08.jpg


尚、リーダークラスなのでその分パッケージもデカイです。

外箱大好きっ子のあんぐるとしては所有欲がビンビンで嬉ションしそうです。

眺めるの楽し~。
SS45_SHOCKWAVE_09.jpg


って感じで開封~~~♪♪
SS45_SHOCKWAVE_10.jpg





■パッケージ内容一覧■

本体に加え、取説が1枚。

そして何とファンアイテム?としてNEST隊員(パラシュート付き)、ウィーリー & ブレインズのフィギュアが付属。

中々優遇されたパッケージング。
SS45_SHOCKWAVE_11.jpg


ほぉ~~~直接見るとこういう感じかぁ。

ラップ塗装っぽいディテールが入ってますね。

カッコ良過ぎ。
SS45_SHOCKWAVE_12.jpg


取説はB4で片面印刷のみ。

公式サイトからもダウンロード可能なんで頂いちゃいましょ。
SS45_SHOCKWAVE_13.jpg


まぁ、何時ものように



超分かり難い



ですが。。。
SS45_SHOCKWAVE_14.jpg


でもスタジオシリーズって取説のサイズがISO規格準拠なんで整理が楽で助かります。

超見難い取説ですがこれも眺めるの好きなんでプラケースに収納すれば折れや汚れを防止出来て便利ですよ。
SS45_SHOCKWAVE_15.jpg



専用ディスプレイ台座はNEST隊員がパラシュートで突入してくるシーン。

ショックウェーブ の目玉が引っこ抜かれる が大活躍シーンのちょい前辺りっすね。
SS45_SHOCKWAVE_16.jpg





■付属品一覧■

①ウィーリー
②ブレインズ
③NEST隊員
④パラシュート
⑤ブレードソード

小物で華やか。

流石軍事作戦司令官です。



パラシュートは














頭に引っかかってアウアウするショックウェーブ氏の再現用














とあんぐるは理解しました。

今から楽しみです♪
SS45_SHOCKWAVE_17.jpg


ちなみにブレードソード(に加え一部のパーツも)は超軟質パーツでビックリです。


破損防止?

事故防止?

コスト調整?


あんぐる的には硬質・軟質パーツにそこまで拘りはないですが、経年劣化(強度、塗装面で)は気になります。
SS45_SHOCKWAVE_18.jpg


ウィーリーとブレインズはショックウェーブとサイズが統一されてるそうです。

確かに妥当なサイズかな?

ちなみショックウェーブ氏のロボットモード時の高さは約18.5cmだったので、実物が32フィート(9.8m)として





約1/53スケール





って所ですね。
SS45_SHOCKWAVE_19.jpg





■ビークルモード 各アングルから■

もうね、カッケーの一言なんですが、






ムッキムキで禍々しくて塩酸の涎をだらだら垂らしてそう






なイメージ。
SS45_SHOCKWAVE_20.jpg





■ビークルモード 車体裏面■

こんなごつごつなビジュアルですが、めっちゃスッキリしてますね。

ホント凄いっす。

小さいタイヤも装備してるんで一応コロ走行も可能っちゃ可能。



そうそう、ビークルモードで収納するスペースが無い場合は立てると良いですよ。

フジツボのお陰でめちゃくちゃ安定します。
SS45_SHOCKWAVE_21.jpg





■ビークルモード クローズアップ■

一番のお気に入り箇所がこのフロント部分。

こんな形状がトランスフォーム出来る玩具なんで設計者は絶対変態。



ちなみにこんな立派な棘?角?も軟質パーツ。

刺さっても痛く無いですよ。
SS45_SHOCKWAVE_22.jpg


そしてこの立派な砲台。

とても軟質パーツに見えないですね。

流石軍事作戦司令官です。
SS45_SHOCKWAVE_23.jpg


装甲アーマーは単純なソリッドパープルではなく、ラップ塗装的な手法が使われてます。

これ、実写に近いしめっちゃカッケーです。

色や模様がショックウェーブ氏にマッチしててため息しか出ません。
SS45_SHOCKWAVE_24.jpg


普通、シンプル塗装版の次にセカンドカラー/リカラーとして、豪華塗装版をリリースしちゃう流れだと思うのですが・・・














いきなりこんな塗装版を出しちゃったら今後リカラー版を出せないのでは?














なーーーんて余計な心配をしてしまいます。
SS45_SHOCKWAVE_25.jpg


ビークルモード時のお顔はフロント側に。

一応、フェイスガードパーツっぽいので隠れます。

一番危ない所に設定されてますよね。


ちなみに首に謎の可動ギミックが内蔵されててあんぐる息子と不思議がってたのですが、Twitterでメガトロン(SS-11)のパーツ流用から来てることを教えて頂きました。

なる程~。これで一つ賢くなったぜ。
SS45_SHOCKWAVE_26.jpg


公式の変形ステップだとブレードソードを縦に付け替えろとあるんですが・・・

あんぐる的にはそのまま横に設置した状態の方がカッコイイと思います。
SS45_SHOCKWAVE_27.jpg


なので普段はこのように横に装着した状態で遊んでます。

その方が完全変形になりますしね。
SS45_SHOCKWAVE_28.jpg


そしてビックリしたのが3連バーニアのフジツボ。

外側に展開する可動ギミックが内蔵されてます。

ホント何なのこの変態仕様。


流石軍事作戦司令官です。
SS45_SHOCKWAVE_29.jpg





■その他・色々と■

MB-04版のショックウェーブ氏とパチリ♪♪

おぉ、あれほど興奮したMB-04版が霞んで見えます。

こうやって比較してみると、フジツボをタイヤにしたり面白い仕様ですね。
SS45_SHOCKWAVE_30.jpg


今回のSS-45版もMB-04版も一緒に言えるのが、





こんな形状をしてるのにパーツのポロリが無く、ストレスなく遊べる設計





なんです。

ホント変態だわ~~~。
SS45_SHOCKWAVE_31.jpg


SS-40の5代目前期カマロのビーとパチリ♪♪

ボリュームが全然違います!!






・・・まぁ、お値段のボリュームも違いますがね。
SS45_SHOCKWAVE_32.jpg


最後はウィーリーとブレインズとパチリ♪♪

しっかし何でこの2人がショックウェーブのパッケージに同梱されることになったんですかね~~~??

どちらかというとレッカーズの誰か辺りの方が妥当だと思うんですが。




でもこういう小物アイテムは嬉しいですね。

今後も積極的に採用して欲しいな~。
SS45_SHOCKWAVE_33.jpg








以上、

劇中未登場のビークルモードですが、



めちゃくちゃカッコイイ



一品でした。

あんぐる的に過去第2位の傑作かと。

今のところ、文句は太腿の関節の弱さ位。




ちなみに2体あればブレードソードを2本装備でフルアーマー状態を楽しめます。

不要なダボ穴も塞げますし♪
SS45_SHOCKWAVE_34.jpg


またパイプも2本指せば迫力倍々です。

ビークルモードでここまで凄いんだからロボットモードだと更に凄いですよね。

流石軍事作戦司令官です。
SS45_SHOCKWAVE_35.jpg


そんな 次はドリちゃんだしてよ、ドリちゃん~~~!!(買うとは言ってない) 的な玩具レビューでした!


【前編】 / 【後編】




  

テーマ: 玩具レビュー - ジャンル: 趣味・実用

タグ: SS-45  ショックウェーブ  エイリアンタンク  トランスフォーマー  スタジオシリーズ  ウィーリー  ブレインズ  傑作  NEST隊員